口腔カンジタ症

カンジダで取り返しがつかなくなる前に!カンジタ性亀頭包皮炎に効く市販薬
男性の方
女性の方

口腔カンジタ症で口の中の色が変わる

カンジタ症といえば性器カンジタがポピュラーですが、それ以外にも口腔カンジタ、皮膚カンジタ、食道カンジタなど、体のほぼ全身で発症する可能性のある病気です。そもそもこのカンジタ症の原因となるカンジタ菌が今挙げたような場所にいつも存在しているからというのが理由になります。

体が健康な状態であれば存在していても何も害のない菌なんですが、一度体調を崩したりすると一気に増殖して体中で悪さを働くことになります。発症する場所によっても症状は若干異なりますが、口腔カンジタが見た目的に分かりやすいかと思うので、ちょっと触れておきます。

口腔カンジタは文字通り口の中で起こるカンジタ症ですが、初期症状は白いポツポツとした斑点のようなものが目印です。頬の内側や舌といった口の中全体に点々と白いポツポツが出てきます。症状が進んでいくと段々とそれが融合していき、口の中から舌から全体的に真っ白になります。最終的には最初はただの点だった白いポツポツが融合し、厚みを増して簡単には剥がれなくなります。

舌や頬にザラザラとした感触があるだけで痛みがほとんど出ないことから気づきづらいと言われてますので、歯磨きのついでにでも口内状態をチェックするのが早期発見につながりそうです。口腔カンジタ症は幼い子どもや高齢者に多いと言われてますが、成人がならないという訳ではないので注意は必要です。

男性の方
女性の方
HOMEへ戻る