カンジタの完治

カンジダで取り返しがつかなくなる前に!カンジタ性亀頭包皮炎に効く市販薬
男性の方
女性の方

カンジタ治療は完治するまで根気強く

カンジタは元々、体表や体内に常駐している菌が異常に増えることが原因で起きる炎症ですから、誰にでも起こりうるものです。ネットなどでは性感染症とくくって説明しているサイトも見受けられますが、性交渉の有無に関わらず起こるものなので、性感染症だという認識は誤りになります。

体表や口腔内、女性だと膣の中に常駐しているカンジタ菌が、免疫力や体力の低下によって、異常に繁殖してしまい、異常に繁殖した周囲で炎症を起こすので、疲れている時などに無理をするのは禁物です。

赤みや湿疹、かゆみやおりものの変化など、何か気になることがあれば早めに専門医を受診した方が良いと思われます。カンジタの治療はさほど難しいものではなく、抗生物質の服用と炎症を起こした部位への塗り薬のみになります。治療期間は人それぞれで状態によって異なりますが、早期発見、早期治療開始であれば期間も短くて済みます。

ここで気を付けなければならないことが1つ。少しくらい症状が軽くなったからといって治療をやめず、完治するまで根気強く医師の指示に従って薬をやめないことです。皮膚の疾患にはどれでも共通していえることですが、見た目だけに惑わされて自己判断で治療をやめると、再発しやすくなったり、慢性的に炎症が起こることになってしまいます。カンジタも同じで、少し良くなったからといって自己判断で治療をやめると、慢性的な炎症になったり、再発しやすくなってしまったりしますのでお気を付け下さい。

男性の方
女性の方
HOMEへ戻る