カンジタと膀胱炎

カンジダで取り返しがつかなくなる前に!カンジタ性亀頭包皮炎に効く市販薬
男性の方
女性の方

カンジタと膀胱炎はワンセット?

既に経験がある人も多いかと思いますが、もともと体の中にある菌が原因で起こるカンジタ。このカンジタは、膀胱炎の治療をしたらなったという人がかなり多いようです。確かにどちらも同じ下半身で起こるものですが、何か関係があるのか疑問に思う人も少なくないのではないでしょうか。

カンジタと膀胱炎は決してワンセットという訳ではないのですが、膀胱炎の治療をしたらカンジタになったと言う人は、膀胱炎の治療に使われる抗生物質が原因なんです。これは抗生物質の効果で、善玉菌まで除菌されてしまい、本来ならば一定数よりも増えることのないカンジタ菌が増えてしまうからなんですよね。

1つの病気を治すために別の病気になってしまうというのは、薬を使った治療には少なくないことですが、あまり嬉しいものではありませんね。中には、膀胱炎の治療でカンジタになり、カンジタの治療をしたらまた膀胱炎になった、などという嬉しくもなんともないエンドレスを起こす人もいるみたいです。

カンジタも膀胱炎もどちらも菌が原因で起こるものですが、共通するのはもともと体内にある菌で起こるということ。そして、通常時であればどちらも防御システムが体にあるので問題のない菌だということ。このもともとあるそれぞれの菌が増殖して悪さをする理由にも共通点があり、免疫力の低下が挙げられます。

疲れがたまっている時やストレスがたまっている時、体調が優れない時などは無理にいつも通りに過ごすとカンジタしかり、膀胱炎しかりで、普段ならなんでもない菌が悪さをする可能性が高くなりますから、あまり無理はしないのが正解ですね。

男性の方
女性の方
HOMEへ戻る